肩関節の画像診断 〜単純レントゲン・超音波・3DCT・MRI〜

2016年3月21日(祝・月)にAR-Ex尾山台整形外科スポーツ関節鏡センターで肩関節班全体研修を行いました。

平田医師による画像の見方

単純レントゲン

目的により撮影条件を選択。

機能に問題・・・挙上位、内旋、外旋

          (筋力、肩甲帯代償)

構造に問題・・・インピンジメント、内旋位撮影

          (肩峰下の骨棘,Hill-Sachs lesion)

肩甲上腕関節だけでなく、烏口突起・肩鎖関節の評価も可能
 

●挙上位(ゼロポジション)            

評価:肩甲骨上方回旋の左右差、肩甲帯での代償の有無
 

●肩外旋位

評価:健側と比較して… 外旋不十分、骨頭下垂の有無

骨頭下垂位なら外旋筋力不十分!

※メリット

肩甲上腕関節以外に

肩鎖関節、烏口突起の評価も可能


●インピンジメント撮影 正面

評価:肩峰下の骨棘の有無
 

●インピンジメント撮影 側面

評価:肩峰下の骨棘の有無

⇒手術において骨棘を削る範囲・深さの評価が可能
 

●肩内旋位

評価:Hill-sachs lesionの有無



 

超音波画像診断

・LHBの形態、腫脹、位置の評価

腱板断裂の有無

SABの肥厚の有無

●LHB

評価:LHBの腫脹、亜脱臼 の有無

大結節の不整:SSP断裂

小結節の不整:SSC断裂

●肩甲下筋

評価:断裂の有無 、小結節の不整の有無

●棘上筋 長軸像

評価:断裂の有無、大結節の不整の有無、断裂サイズの確認

【断裂サイズ(Cofieldの分類)】

小断裂:1cm(10mm)

中断裂:1〜3cm(10〜30mm)

大断裂:3〜5cm(30〜50mm)

広範囲断裂:5cm以上(50mm以上)

●棘下筋 長軸像

評価:断裂の有無


 

3DCT

関節窩の形態評価

関節窩骨折(Bony Bankart)の有無⇒関節窩の骨欠損

Hill-sachs lesionの有無⇒上腕骨頭後方の骨折


 

MRI

【腱板断裂

腱板断裂の範囲の確認

筋萎縮の評価(Goutallier分類

【肩関節脱臼】

靭帯損傷(MGHL,AIGHL

前方関節唇損傷

⇒タイプ別特徴:関節窩前縁の摩耗 女性に多い、Laxity(+)

        Bony Bankart  男性、コリジョンスポーツ

【MRI撮影3方向(斜位冠状断、斜位矢状断、水平断)】

●斜位冠状断(coronal)

評価:腱板断裂(SSP)の有無

●矢状断(sagittal)

評価:腱板断裂(SSP)、筋萎縮、脂肪浸潤の有無

【Goutallier分類】

Grade0:脂肪沈着なし

Grade1:わずかな索状の脂肪

Grade2:筋肉>脂肪

Grade3:筋肉=脂肪⇒ここから再断裂のリスク上昇

Grade4:筋肉<脂肪

●水平断(axial)

評価:LHBの位置、形態、水腫、靭帯損傷(MGHL,AIGHL)、前方関節唇損傷の有無
 

当法人の肩関節専門医の紹介

平田 正純 専門(肩、肘)

肩関節・肘関節の関節鏡視下手術、肩関節外科、スポーツ整形外科を専門とし、志を抱いて大阪から東京・長野にやってまいりました。最新の超音波診断装置を用い、運動器傷害の診断だけでなく治療も行います。

外来担当日
AR-Ex尾山台整形外科(月曜日:午後、火曜日:午前)、都立大整形外科クリニック(月曜日:午前)、上田整形外科クリニック(木曜日)

久保 貴敬 (一般整形、肩疾患)

関節外科、スポーツ整形外科を専門にしています。肩、膝関節に力をいれており、超音波検査(エコー)を用いて、痛みや炎症部位を特定した注射処置など、より効果的な治療を目指しております。自身のスポーツの経験も生かして早期復帰を目標に、患者様と一緒に快方に向かうよう治療にあたっています。尾山台整形外科で手術も行っております。より良い診断、治療を提供てきるよう日々邁進していきます。

外来担当日
明大前整形外科(金曜日:午後、土曜日)、佐久平整形外科クリニック(火曜日)