AR-Exのネットワークシステム

AR-Exネットワーク

われわれAR-Ex Medical Groupは、人が持っている組織の温存を最も大切に考え、

再生医療と連携して未来の治療に挑んでいきます。

常に「最良の治療法」を見出せる環境を整えています。

国内はもとより世界中の大学や研究、医療機関と相互に情報交換を行い、

スタッフの技術と知識の研鑽を積んでいます。

セキュリティの高いネットワークを活用し、

どこにいてもリアルタイムで状況を確認できる環境を整えています。

AR-ExCloud Network System

AR-Ex Cloud Network Systemとは

電子カルテなどのデータ、高品質な動画、静止画、音声などの情報を

リアルタイムでどこにいても送受信が可能となる通信システムです。

AR-Exのネットワークシステムは、

ライブ手術映像までも共有することが可能になります。

リアルタイムの映像とMRIなどの検査情報、電子カルテの保存資料を供覧しながら、

同時に10拠点からディスカッションに参加できるシステムの構築を進めています。

このシステムは、経験と知識のより高い医療スタッフがどこにいても参加できるシステムであり、

治療の精度をさらに高めるためのものです。
 

そして、手術及び検査映像など多くの事例を高画質でアーカイブし

未来への研究や教育に役立つ記録を保存します。

アレックスグループは創立からの13年間、

関節鏡視下手術・リハビリテーション・運動療法を3つの柱として治療に専念してきました。

このネットワークシステムは4本目の柱となり、関節治療の未来に役立つと考えています。

ネットワーク構築の有用性

MRIやCTの画像を見て判断することを読影(どくえい)と言います。

「最良の治療」を目指すには、この画像診断がとても重要です。

当クリニックには、専属の画像読影を行う放射線科医もいます。

そして、技術の高い放射線科医から得られる画像診断により、治療レベルが高まります。

その知識や技術は、スタッフの能力向上にも役立てています。