KT-2000

膝関節動揺性検査は脛骨前面にデバイスを取り付け、前方引き出しを行い、
牽引力の大きさに応じた大腿骨に対する脛骨の前方移動量を定量化する装置です。
KT‐2000は世界的に多く使用されており、定量的評価には最良の装置です。
 
測定時期 術前・術後3か月・術後6か月・術後9か月・術後1年