膝(膝蓋大腿関節障害編)

膝蓋大腿関節障害とは…膝は大腿骨(太ももの骨)と脛骨(すねの骨)からなる大腿脛骨関節と、大腿骨と膝蓋骨(お皿の骨)からなる膝蓋大腿関節の二つの関節で構成されています。
膝蓋大腿関節障害とは膝蓋大腿関節で起こる疾患の総称です。

代表的な疾患は
・ジャンパー膝
・膝蓋腱炎
・大腿四頭筋腱炎
・滑膜ヒダ障害(タナ障害) 
・膝蓋骨亜脱臼症候群
・分裂膝蓋骨 等です。

今回はストレッチメインでご紹介します。

注意:
・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。
・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります。

● おしり横のストレッチ

1.あおむけであぐらをかくように片足をひっかける
2.床についている方の足をかかえ、胸へとひきよせる



※30秒/  3セット











● 外もものストレッチ

1.足にヒモを引っ掛けて、脚を少し上げ、
     内側へひっぱていきます。


   ※30秒/3セット

















● タオルキャザー

1.足の指だけでタオルを引き寄せていく。

※土踏まずを丸めるようなイメージで。

20回/3セット
















 ヒールレイズ


1.壁などに軽く手をついた状態で、
 踵をまっすぐ持ち上げる。

※痛みがある場合は座って同じように行う。
 踵をゆっくり落とすように行う。

20回/3セット













● ヒップリフト

1..両膝を立て、腹圧を高めた状態でお尻を床から浮かせる
  ※腰を反りすぎないようにする




  ※15回/ 2セット