変形性膝関節症

立ち上がり、歩き出しが痛い
・膝がはれている。重い感じがする
・膝の内側(外側)が痛い
・正座ができない、階段昇降が困難
・50~70歳代に多い

年齢を重ねるにつれ、荷重関節である膝関節にストレスがかかります。体重の重さにより、関節軟骨がすり減り、関節の隙間は狭くなり、骨に棘(とげ)ができ、

膝関節の骨の変形が始まります。加齢(老化)によるものだけではなく、肥満、外傷、素因(遺伝性)も原因と考えられています。

変形性膝関節症には、内側型(O脚)、外側(X脚)に分類されます。症状は、

初期では歩き出し、立ち上がりの痛み、中期では歩行時、正座、階段昇降時の痛みが生じ、末期ではさらに変形が進み、膝が伸びない、曲がらない、歩行が困難となります。

注意:・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります。

●もも裏のストレッチ

  
 

  1.足にひもをひっかけて手前に引っ張り、
     ももの裏側をのばします。



   ※30秒/3セット

 

 

●外もものストレッチ

 

 


  1.足にヒモを引っ掛けて、脚を少し上げ、
     内側へひっぱていきます。


   ※30秒/3セット

 

 

 

 

 

 

 

 

●クワドセッティング

 

  

  1.膝の下にタオルなどを置く
  2.つま先をたてて、膝でタオルをつぶす


  ※15回/2セット

 

 

●SLR

  1.運動する足を伸ばしもう一方の足は膝を立てる
  2.膝を伸ばしたまま足を上げる


  ※15回/2セット

 

 


●ヒップリフト

 

1.両膝を立て、腹圧を高めた状態でお尻を床から浮かせる
  ※腰を反りすぎないようにする


  ※15回/2セット