腱板損傷

 

肩の病気です。肩の痛みの原因には他の病態も疑われることが多く、同様な症状があっても腱板に問題がない場合もあります。
腱板が損傷されているかどうかはMRI検査等で正確に診断します。

注意:・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります

 

● 壁ころころ

 

 1.肘を伸ばした状態で壁にボールをあてる
  2.ボールを上下にころころ転がす
  ※手に力をいれないで
  ※ボールがない場合は、タオルで代用

 

 

 

                       ※10回/2セット※

 

● 壁バンザイ

 

 

  1.壁に近づき両腕をYの字に上げる
  2.手の平を壁から浮かせる


  ※10回/2セット※

 

 

 

 

 

 

● チューブ引き寄せ

 

 1.チューブを軽くもちます
  2.肩甲骨を引き寄せながらチューブを引っ張ります
  ※肩や手に力をいれすぎない
  ※チューブがない場合は、輪ゴムを繋げて代用


 

 

   ※10回/2セット※

 

 

● チューブトレーニング

 

 1.手のひらを上に向けてチューブを握ります。
 2.そのまま肘が脇についた状態のまま腕を広げます。
 ※チューブがない場合は、輪ゴムを繋げて代用