グローインペインシンドローム

Groin pain syndrome(鼡径周辺部症候群)

位置
股関節、恥骨、陰部周辺の痛み

症状
・ボールをけるとき痛む(痛くてボールが蹴れない)
・歩行時に痛い
・腹筋時に痛い
・下肢を内転(閉じる)すると痛い


注意:・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。
         ・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります

 

● もも裏のストレッチ

1.足にひもをひっかけて手前に引っ張り、ももの裏側をのばします。


※30秒/3セット

 

 

 

 

 

 

 

 

● もも前のストレッチ

1.横向きに寝て上半身をまるめ、上にある脚の足首をつかみ後方へ引っ張ります


※30秒/3セット

 

 

 

 

 

 

 

 

● 腹圧

1.肋骨を広げるイメージで、鼻から息を吸う
2.下腹で肋骨を引き下げるイメージで、口からゆっくり息を吐く


※10回/2セット

 

 

 

 

 

● 腹圧片脚ニーアップ

1.腹圧を入れて、片膝を胸に引き寄せる
2.腹圧を抜かずに元に戻していく
※腰を反らないように


※20回/2セット

 

 

 

 

 

● ヒップリフト

1.両膝を立て、腹圧を高めた状態でお尻を床から浮かせる
※腰を反りすぎないようにする


※10回/2セット

 

 

 

 

 

 

● 骨盤おじぎ運動

1.イスに座りリラックス
2.骨盤を丸めこんだ状態から前に起こす
3.繰り返し
※腰をそるのではなく下腹部からおじぎするイメージ


※10回/2セット