臼蓋形成不全

股関節の痛み
・歩くと痛い
・股関節が開かない
・鼠径部の痛み  

股関節は、骨盤側の溝(臼蓋)と大腿骨の骨頭により形成されています。
臼蓋形成不全とは、この臼蓋の溝が浅く、骨頭のはまりが悪いことをいいます。
はまりが悪いことによって、股関節に負担がかかり痛みが生じます。
女性に多く、先天性股関節脱臼の方や、家族に股関節が悪い方がいるなど遺伝性もあるといわれています。
10~20歳代までは無症状のことが多く、30~40歳くらいから症状が現れることが多いです。
進行すると関節軟骨破壊が起こり、関節の動きが制限され、変形性股関節症へと移行していきます。


注意:・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。
   ・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります。

 

 

● もも裏のストレッチ

1.足にひもをひっかけて手前に引っ張り、ももの裏側をのばします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

● 腹圧

1.肋骨を広げるイメージで、鼻から息を吸う
2.下腹で肋骨を引き下げるイメージで、口からゆっくり息を吐く


※10回/2セット

 

 

 

 

 

●腹圧両足ニーアップ

1.腹圧を入れて、両膝を胸に引き寄せる
2.腹圧を抜かずに元に戻していく
※腰を反らないように




※10回/2セット

 

 

 

 

● サイドブリッジ

1.横向きで片肘と片足だけ接地し、横腹を意識し身体を支える
※体幹が曲がらないようにする




※10回/2セット

 

 

 

 

 

● サイドレッグレイズ

1.横向きにねて、上にくる脚をまっすぐ伸ばす
2.おしりに力を入れて脚を斜め後ろへ開いていく





※10回/2セット

 

 

 

● ヒップリフト

1.両膝を立て、腹圧を高めた状態でお尻を床から浮かせる
※腰を反りすぎないようにする





※10回/2セット

 

 

 

 

 

● ボール踏み

1.イスにすわり、姿勢をただし腹圧をいれる
2.姿勢を保ったまま、足裏全体でボールを真下へ潰す





※20回/2セット