外脛骨障害

足首の内側の痛み

・歩くと痛い
?走ると痛い
?スポーツ中に痛い
?足部内側に膨隆がみられる

「外脛骨」とは、足部内側の舟状骨部分にある過剰骨をいいます。この状態はレントゲンによる画像診断で分かります。
この骨には足首を内側に返すように働く後脛骨筋が付着しており、スポーツによる使いすぎや靴の圧迫、捻挫などの外傷が引き金となって、痛みなどが出現します。
原因はスポーツよるものが多くになります。また偏平足の人や体重が内側にかかりやすい人に多くみられます。

注意:・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。
         ・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります。


 

● 足首のストレッチ

1、片立ち膝になり、立てた膝に体重をかける。

※踵は床につけたまま

 30秒/3セット

















● もも裏のストレッチ

1.足にひもをひっかけて手前に引っ張り、
       ももの裏側をのばします



   ※30秒/ 3セット

















● タオルギャザー

1.足の指だけでタオルを引き寄せていく。

※土踏まずを丸めるようなイメージで。

20回/3セット




















● ビー玉つかみ

1.足の指ビー玉やおはじきをつかみ
 ケースに入れる。

3セット





















● チューブ足首強化


・足首を手前にひき引っ張る。



 


・小指を持ち上げるように外へ引っ張る。





 


・つま先を押すように引っ張る。




 


・カタカナの「ノ」を書くように
 内へ引っ張る。







                 20回/3セット





● ボール踏み

1.椅子に座り姿勢をただし腹圧を入れる。

2.姿勢を保ったまま足裏全体でボールを
 真下へ潰す。

20回/3セット