関節鏡視下手術

アレックスに来院される方の90%以上は手術を必要としない患者さんです。しかし、他に治療法がない場合、最終手段として手術を行います。

関節の中に原因のある疾患の多くは、「関節鏡」と言う内視鏡の手術により完治を目指すことが可能です。この手術はとても緻密な作業で、高度な技術力を必要としますが、最小の傷で関節内部の障害を治すことができます。

また、関節鏡を用いると関節の中を観察できるため、どの部分が傷んでいるのか正確に分かり、術後のリハビリテーションや運動療法を的確に行う事ができます。

関節鏡視下手術とは、直径1~4mmの細いカメラ器具を関節内に挿入して行う手術です。

この手術はとても高度な技術を必要とし、1mmの誤差でも術後の回復に差が出ます。
この手術法では、ほとんど組織を傷めずに済むため早期にリハビリを始められ、患者さんが元の状態に復帰することが可能となります。

また、関節鏡手術法では関節内を詳細に観察することも容易で、肩、膝、足、肘、指、脊椎など全身の関節に対して手術を行うことが出来ます。

関節鏡視下手術は、近年めざましく進歩しました。特にスポーツ選手に有用とされていましたが、一般の人にも急速に広まっています。
その理由は、関節の袋を開けずに治せるメリットがとても大きいからです。
従来は、関節に達するまでに筋肉を傷つけ関節の袋を開けなければ、手術操作を行うことができませんでした。
そのため傷つけられた筋肉や関節の袋が癒着して傷跡が残り、傷跡自体の痛みが出たり、術後早期にリハビリが行えないなど、回復に時間がかかる場合が多くありました。

これに対し、ほとんど組織を傷めず関節内の障害を治療できる関節鏡手術は、画期的な手術法です。
関節鏡視下手術は、もともと日本で開発された世界に誇れる治療法です。ただし、最善の効果を得るためには、洗練された技術と最新の知識が必要です。

現在は、世界各国で技術革新が進んでおり、アレックスは世界中から情報を集め常に技術を磨いています。
アレックスでは、関節鏡視下手術の内容を撮影し、術後に手術を受けられた方にお渡ししています。

2014/9/30