後十字靭帯損傷

 
    後十字靭帯損傷(PCL)       印刷用ページ
   こうじゅうじじんたいそんしょう

 

膝の不安定感

・階段の下りで膝の不安定感が起こる
・歩行時、特にかかとを着いたときに不安な感じがする
・スポーツ活動中に膝の不安感が起こる
・膝の腫れ、痛み

 

後十字靱帯(PCL)は、膝を支えている重要な4本の靭帯のうちの1本で、脛(すね)の骨の後から太ももの骨の前側へ向かっている靭帯です。この靭帯は、膝の後方向や捻りに対して制御する能力を持っています。膝を強く捻ったり、急に膝をついた時、また交通事故で膝を打ったときなどが原因で切れてしまう場合もあります。切れてしまうと、日常生活には特に支障をきたすことはないのですが、階段を下るときやスポーツで着地したときに膝が崩れるような感覚が起きます。

 

単純レントゲン撮影の他に超音波検査(エコー検査)を行い、患部の状態を精密に診断します。

①手術をしない方法:膝の筋力をつけ、また捻らないようにテーピング、装具などを利用してスポーツなどの活動を行ういます。
投薬・注射・吸引(急性期) 患部の炎症を抑える
     
物理療法・徒手療法 筋肉の過緊張を和らげる
     
運動療法 筋肉を柔軟にし強くする
     
装具療法・テーピング 関節を安定させる
     
スポーツパフォーマンス指導 スポーツ動作のチェック、指導
     
②手術をする方法:太ももの裏の腱を利用して、PCLを作り直します。
膝のぐらつきが活動に支障をきたす場合 関節鏡視下PCL再建術