肘外側側副靭帯損傷

肘外側側副靭帯損傷(LCL)       印刷用ページ
ひじがいそくそくふくじんたいそんしょう

 

肩の前側~二の腕の痛み

・肘を伸ばした状態で物を持ち上げると痛い!
・後ろに手を回すと痛い!
・投球時に痛い!
・じっとしてても肩の前側がジンジンうずくように痛い!

断裂の症状

・力こぶが肘近くにあるor反対側にある

 

肘の外側が痛い!腫れる!

・肘の曲げ伸ばしで痛い!
・肘の外側を押すと痛い!
・関節の不安定感(はずれる感じ)を感じる!

肘の両側には、関節の左右側方への不安定性を支える靭帯があり、「外側側副靭帯」「内側側副靭帯」と言います。外側の靭帯の損傷は、小児の肘外側の剥離骨折に伴って起こることがあり、骨折後少し経ってから、肘の引っかかり感や不安定感を訴える場合があります。また、成人でも、スポーツや転落などで外力が掛かった場合に損傷します。受傷後時間が経ってから、肘の外れる感じやひっかかる感じが出現することがあります。
※靭帯の損傷は、MRI検査等で正確に診断できます。

 

単純レントゲン撮影の他に超音波検査(エコー検査)を行い、患部の状態を精密に診断します。

固定投薬・物理療法 患部の炎症を抑え、安静を図る
     
装具・テーピング療法 関節の不安定性を軽減し、動作時の負担を減らす(固定材除去後から)
     
運動療法 安静中の患部外トレーニング
肘周囲筋の柔軟性・筋力強化
患部周囲筋の強化(固定材抜去後から)
     
損傷の程度が大きい
保存療法では改善しない