手術決定から入院までの流れ

①外来受診の際、医師と相談の上手術決定となります。

②手術に必要な問診をご記入ください。

③看護師と相談し、ご希望を優先し手術日を決定します。

(診察当日に決められない場合は、手術可能な候補日をお知らせいたします。ご家族・職場等とご相談のうえご希望の日にちを決定して、お電話をください。そのご希望の日を仮予約とさせていただきます。仮予約の後、手術までのスケジュールを計画いたしますので近日中に受診してください。)

④手術の日程が決まりましたら、それに合わせて術前検査日・手術説明会等の日程の計画をたてます。

現在治療中の疾患がある患者さんは、手術をするにあっての注意点(例えば:手術前に中止する薬など)や術後の注意点などを考慮するため、かかりつけの医療機関を受診していただきます。そちらへの紹介状をご用意いたしますので、なるべく早い時期に受診し、担当の先生からお返事をもらってください。

⑤手術をするにあたり、入院先の病院での術前検査を受けます。

検査には、当院から連携病院への予約の申し込み・紹介状が必要になります。治療中の疾患がない患者さんへは、受診当日会計にて紹介状をお渡しします。治療中の疾患(病気)がある患者さんへは、かかりつけ医療機関を受診され、お返事が届いてから紹介状をご用意します。

⑥麻酔科受診(全身麻酔の場合)・術前検査受診(全身麻酔以外の場合)

手術約2週間前に、手術・入院先連携病院を受診し術前検査(採血・レントゲン・心電図など)また、全身麻酔の場合には麻酔科医師の診察を受けてください。同日、入院に必要な持ち物・書類などについて、看護師から説明があります。検査結果によっては、医師の判断により手術を見合わせる場合もあります。

⑦手術説明会(クリニックにて)

手術約1週間前に、担当医が手術について詳しい説明を行います。手術の同意いただくご家族と一緒に来院ください。説明に関して、ご不明な点は、どんなことでも構いませんのでご質問ください。説明をご理解していただたうえで手術同意書にご署名・ご捺印をいただきます。説明終了後、会計にて手術・入院費用の概算をお知らせします。