専門外来

スポーツ外来

スポーツ外来では、診察前に詳細な問診表を記載していただき、それをもとに診察を行い、必要に応じてエコーやMRIを駆使し原因を徹底的に調べます。 痛みの原因が、関節や筋肉の硬さ、筋力のアンバランスによるものであれば理学療法士やスポーツトレーナーと協力し、ストレッチやトレーニング指導を行います。 また、スポーツでの受傷に関わらず、関節疾患に対し理学療法を行い治療に抵抗するようであれば関節鏡視下手術を行っています。 他の施設で手術が必要と判断された方が、理学療法のみで改善することも多く、関節鏡視下手術では、皮膚を大きく切開することなく、術後のリハビリが楽に行えます。 関節鏡視下に行える腱板断裂手術や反復性肩関節脱臼に対する手術では、約8mmの創が数箇所できるのみで、数日の入院加療で行えます。 また、手術療法は日々進歩し、変化していますが、海外研修や学会に積極的に参加し、本人のニーズにあうより侵襲の少ない最新の治療法を選択しています。

骨粗鬆症外来

当院では毎週木~土曜日の澁川医師の外来にて『骨粗鬆症外来』を行っています。 骨粗鬆症外来では骨密度測定装置による骨密度測定と尿検査による尿中カルシウム量検査を行い、必要に応じた治療を開始します。 当院の骨密度測定は骨折の好発部位である腰椎と股関節の2部位にて行うことで、より正確に判断します。  骨密度測定装置特に閉経前後の女性ではホルモンバランスが崩れることにより、著しく骨密度が変化することがあります。 早期に状態を把握し、治療することが大切となります。 ぜひ、一度受診してみてはいかがでしょうか? 詳しい日時等は、スタッフもしくはお電話にてご確認下さい。

関節リウマチ外来

関節リウマチ(RA)は、「多発性関節炎を主徴とする全身性の炎症疾患」です。 現在日本に約70万人の患者さんがいます。原因は、まだはっきりしていませんが、関節炎が進行すると骨・軟骨の破壊が起こり、関節機能の低下や、日常生活にも支障が生じてきます。 従来は、RAの治療は、炎症を鎮静化させ、日常生活の質を維持・向上させることが目標でした。が、近年、画期的な薬剤が導入され、骨・軟骨破壊を遅延或いは阻止することが可能となってきています。 関節リウマチ(RA)は、医学が進歩した今日ても、まだ完治のための治療法がないため、病気とは長いお付き合いになりますが、薬の服用やリハビリテーションあるいは手術によって、痛みをやわらげ、病気の進行を遅らせることができます。

痛風外来

血液中にさまざまな原因で尿酸が増えすぎ、体のあちこちに尿酸の結晶(尿酸塩)がたまり、関節に痛みを引き起こしたものです。その名のとおり、風に当たっても痛むというほどの激しい発作です。 尿酸値が高いだけで、ほかに症状がない場合は、高尿酸血症と呼ばれますが、これは、痛風の予備軍です。40歳以上の男性の10人に1人が予備軍といわれます。

ペイン外来

ペイン(麻酔医)・整形外科医・看護師・理学療法士・鍼灸師・トレーナー・漢方の専門家等など患者さんの治療にとって有益と考えるスタッフを集めて一番いい治療を探します。