痛風外来

血液中にさまざまな原因で尿酸が増えすぎ、体のあちこちに尿酸の結晶(尿酸塩)がたまり、関節に痛みを引き起こしたものです。その名のとおり、風に当たっても痛むというほどの激しい発作です。 尿酸値が高いだけで、ほかに症状がない場合は、高尿酸血症と呼ばれますが、これは、痛風の予備軍です。40歳以上の男性の10人に1人が予備軍といわれています。