相澤充

医師

コメント

一般整形外科に加え膝関節・人工膝関節手術・関節鏡視下手術を専門に多くの患者さんの治療経験をもちます。

特に人工膝関節の手術は患者さんに出来るだけ負担をかけず最小侵襲で行うことを目指しています。(MIS=最小侵襲の人工関節)

また手術前後のリハビリテーションも理学療法士やトレーナとチームを組み一人ひとりの患者さんの生活にあったきめ細かい・最高の治療を徹底して行います。

多くの手術症例の経験はリハビリテーションやほとんどの患者さんの手術をしない治療を目指すことにも役立っています。