専門外来

リハビリテーション外来

リハビリテーション外来では、「①運動療法」「②徒手療法」「③物理療法」の3つの療法にて治療を行っています。

スポーツ外来 レクリエーションからプロスポーツまで全てのスポーツを楽しむ様々な方が来院されています。それぞれの方に合った治療法を模索します。スポーツ障害の解説、等行っています。

スポーツ外来

レクリエーションからプロスポーツまで全てのスポーツを楽しむ様々な方が来院されております。そろぞのを方にあった治療法を模索します。

エコー外来

1.エコーは特に動態診断(動いている状態で靭帯の伸びや傷みの程度の把握)に有効です。これは他のMRI等の検査を上回る情報が得られます。
2.また簡便に出来ることからスポーツや活動性のアップ等、怪我からの復帰の目安にしております。

エコーは人体への影響がまったくないと言われる靭帯・筋腱・軟骨をみる最も優れた器械の一つです。
※妊婦のお腹のあかちゃんを見るときに用いることでみなさんは知っていると思います。

骨粗鬆症外来

現在、わが国は高齢化社会に突入しています。
平均寿命も伸び、65歳以上の人口は、総人口の16%を占めます。

それに伴い、骨粗鬆症患者数も年々全国的に増大し、現在1800万人(総人口の15%)と類推され、50歳以上の日本人女性では、25%を占めるとされています。
骨粗鬆症自体は、「骨がすかすかになる」状態のことを言います。いわゆる、「骨が弱くなった」状態で、これにより骨折しやすくなります。また、問題は、その後、痛みのせいで活動しなくなり、寝たきりになってしまう恐れがあるということです

痛風外来

痛風は、1960年以前には、日本では稀な疾患でしたが、その後、急増しています(食生活の欧米化などが原因として挙げられます)。現在では、患者数は30~60万人と推定されています。 それに対し、日本痛風・核酸代謝学会によって、「高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン」が2002年作成されました。