リウマチ外来

関節リウマチ(RA)は、「多発性関節炎を主徴とする全身性の炎症疾患」です。 現在日本に約70万人の患者さんがいます。原因は、まだはっきりしていませんが、関節炎が進行すると骨・軟骨の破壊が起こり、関節機能の低下や、日常生活にも支障が生じてきます。 従来は、RAの治療は、炎症を鎮静化させ、日常生活の質を維持・向上させることが目標でした。が、近年、画期的な薬剤が導入され、骨・軟骨破壊を遅延或いは阻止することが可能となってきています。 関節リウマチ(RA)は、医学が進歩した今日ても、まだ完治のための治療法がないため、病気とは長いお付き合いになりますが、薬の服用やリハビリテーションあるいは手術によって、痛みをやわらげ、病気の進行を遅らせることができます。