第14回神楽坂スポーツ医学セミナーに行ってきました‼

 第14回神楽坂スポーツ医学セミナーに参加してきました!

 12月17・18日に神楽坂ではなく京都で行われました。
主に投球障害について学んできましたが、
ここ近年野球人口が減少しているのが現状だそうです。


 数年前に比べると5・6年生で9人在籍するチームが
40%に満たないため肘に障害を持つ選手が
休めないということが考えられるそうです。

 投球フォームについて多く語られていましたが、
一番は姿勢が悪いと障害率はグンっと上がります。
ゲームを3時間以上行う子供は姿勢が悪くなるそうです。
1日1時間以下の子供が障害率20%以下に対して
3時間以上の子供は45%と肘障害発生率が上がります。
これを気に姿勢を意識してみてはどうでしょうか?
 

 2日間にわたり多くのことを学んできました。
これらをリハビリで活かしていきたいと思います。