理学療法士/求人情報 2018年12月

最新の知識や技術を身につけ、患者さんや選手、一人一人により良い治療方法を見つけます!




こちらの写真をクリックしていただくとパンフレットが確認できます。

整形外科・運動器疾患の患者さんやスポーツ選手のリハビリを担当します。
『体外衝撃波』『PRP治療』『超音波ガイド下組織間リリース』『特化したリハビリテーション』など一人一人にあった治療方法を見つけます。
入職してからは先輩の指導を受けながら治療の基礎となる治療スキーム、臨床推論を学び、「臨床」「研究」「スポーツ外部活動」と自分の得意分野、専門分野を見つけて行きます。その中で「管理職」をめざす職員もいます。
また外部の研修会や学会にも積極的に参加しており、グループ内の研修制度を利用する事で費用負担の免除、一部免除をしています。
経験やスキルを身に付けた理学療法士は施設での臨床業務や学術活動、スポーツの大会やチームへのサポート活動など自分自身の夢や目標に向けて更にステップアップした業務や活動を行っています。

【 】内をクリックしていただくと各項目が確認できます。
●求人情報
【求人案内:パンフレット】
●研修報告
【学術活動・研修】

平成31年度新規 理学療法士 募集

選考内容:書類選考、面接試験
面接試験:
①12月13日(木)
②12月26日(水)
詳細は 【新規採用職員募集のお知らせ】 よりご確認下さい。

 
竹内 大樹 2005年資格取得(14年目)

スポーツ傷害や関節疾患の治療において理学療法士の存在は非常に重要かつ、なくてはならない立場となっています。また、近年では整形外科分野において体外衝撃波治療やPRP治療などに代表されるように多くの新しい治療法が開発されてきており、それは理学療法士にとっても存在意義が見直される大きなチャンスです。職員は探究心も高くそれを満足させる臨床、教育、研究の環境が用意されています。職員一人一人が自分自身の仕事や理学療法士という仕事にやりがいや誇りを感じられる環境、仕事の形を作っていくことを念頭に置いた様々な環境整備をしております。私たちの考えや活動に共感していただけましたら幸いです。患者さんや選手のために一緒に研鑽していきましょう!


●ご質問、お問い合わせはメールにてお願い致します。
担当:兼子昌幸
E-mailアドレス  jinji@ar-ex.jp
※「@ar-ex.jp」のメールが受信できますように設定をお願い致します。

ご連絡いただきましたら担当よりお返事させていただきます。