理学療法士/求人情報 2019年11月

最新の知識や技術を身につけ、患者さんや選手、一人一人により良い治療方法を見つけます!


 

2019年度 就職説明会開催のお知らせ

日時:11月6日(水)12:30 開始

会場:AR-Ex 尾山台整形外科
※詳細は以下の【 】内をクリックして下さい。
【2019年度就職説明会について】

2020年度 新規採用職員募集のお知らせ

面接試験:12月4日(水)
申込期限:11月27日(水)書類必着
※詳細は以下の【 】内をクリックして下さい。
【2020年度新規採用職員募集について】
 

募集施設(常勤・非常勤)

●東京都:
都立大整形外科クリニック
明大前整形外科クリニック
AR-Ex尾山台整形外科
アレックス脊椎クリニック
●長野県:
佐久平整形外科クリニック
上田整形外科クリニック
長野整形外科クリニック
●埼玉県:
さいたま整形外科クリニック


整形外科・運動器疾患の患者さんやスポーツ選手のリハビリを担当します。
『体外衝撃波』『PRP治療』『超音波ガイド下組織間リリース』『特化したリハビリテーション』など一人一人にあった治療方法を見つけます。
入職してからは先輩の指導を受けながら治療の基礎となる治療スキーム、臨床推論を学び、「臨床」「研究」「スポーツ外部活動」と自分の得意分野、専門分野を見つけて行きます。その中で「管理職」をめざす職員もいます。
また外部の研修会や学会にも積極的に参加しており、グループ内の研修制度を利用する事で費用負担の免除、一部免除をしています。
経験やスキルを身に付けた理学療法士は施設での臨床業務や学術活動、スポーツの大会やチームへのサポート活動など自分自身の夢や目標に向けて更にステップアップした業務や活動を行っています。


●臨床:
様々な疾患、症状の患者さんを担当する事で理学療法の技術を磨き、最新の治療方法を学び身に付けていく
●臨床+研究:
自分の研究の方向性を決め、臨床で実力をつけていきながら専門性を磨いて研究も行う
●臨床+スポーツ外部活動:
医師や先輩PTが帯同するスポーツ現場に一緒についていき学習し徐々に自分の関わっていくチームやスポーツ現場を作っていく
●臨床+管理職:
施設のリハビリテーション科をまとめる主任、法人のリハビリテーション部門をまとめる専門部長、施設全体をまとめる管理部長をめざす




 

スタッフより

瀧北 渚 2018年資格取得(2年目) アレックス脊椎クリニック勤務
 
 私は腰に特化した理学療法士を目指しアレックス脊椎クリニックで働いています。初めての臨床で不安もありましたが、アレックスは入職当初から研修会や勉強会が豊富で、自信を持って治療にあたることが出来るようになりました。森ノ宮医療大学の工藤慎太郎先生が定期的に臨床指導に来てくださるので、臨床での疑問点に対し直接アドバイスを頂くとともに、超音波を用いたアプローチ方法をご教示頂いています。このようなとても恵まれた環境で仕事が出来ることにとても感謝しています。また、先日は学術大会に初めて参加し、多くの事を学ばせて頂きました。私も日々の臨床で感じた疑問や学んだことを活かして学術大会での発表を目指し、充実した日々を送っていきながら患者様に信頼して頂けるよう、来院された患者様のサポートに努め、日々頑張っていきたいと思います。


 
松岡 佑紀 2015年資格取得(5年目)長野整形外科クリニック勤務
 私は長野整形外科クリニックで理学療法士として働いています。施設ではスポーツ・難治性疼痛外来を立ち上げ、従来の保存療法で治らない患者さんに対して体外衝撃波という機器を用いて治療を行っています。体外衝撃波治療器は近年整形外科領域で普及し始めたため、まだまだ治療のエビデンスは確立されていません。どのような所見がある方に効果的かがわかれば今よりも治療効果を高めることができると思い、データの収集を行っています。また、体外衝撃波治療後のリハビリを確立させるべく日々勉強しています。少しでも興味のある方!一緒に勉強して体外衝撃波治療の最前線を目指しましょう!

 
勝又 佑奈 2012年資格取得(8年目)都立大整形外科クリニック勤務
 都立大整形外科クリニックで臨床業務とリハビリ科リーダー、後輩育成を行なっています。私が臨床で大切にしていることは、挨拶・知識技術の研鑽・共感です。これは学生時代から指導されていることですが、それにより通院された患者さんからご友人や知人の方を信頼して紹介して頂いております。患者さん多くの笑顔をみることが出来て、嬉しいのと同時に理学療法士としてより一層の努力をしなければと思います。一般整形、スポーツ整形を勉強したいと考えている方、ぜひAR-Exで一緒に働きましょう。 



竹内 大樹 2005年資格取得   (15年目)リハビリ統括
 スポーツ傷害や関節疾患の治療において理学療法士の存在は非常に重要かつ、なくてはならない立場となっています。また、近年では整形外科分野において体外衝撃波治療やPRP治療などに代表されるように多くの新しい治療法が開発されてきており、それは理学療法士にとっても存在意義が見直される大きなチャンスです。職員は探究心も高くそれを満足させる臨床、教育、研究の環境が用意されています。職員一人一人が自分自身の仕事や理学療法士という仕事にやりがいや誇りを感じられる環境、仕事の形を作っていくことを念頭に置いた様々な環境整備をしております。私たちの考えや活動に共感していただけましたら幸いです。患者さんや選手のために一緒に研鑽していきましょう!
 

 施設見学希望・リクルート(求人)エントリー

 施設見学・リクルートエントリーをご希望される方は応募フォームをご利用ください。
 申込みの際に記載していただいた情報は本件以外には使用致しません。

●施設見学(随時対応)
 以下の【 】をクリックしていただくと応募フォームへと進みます。
 ご希望の日時や必要事項のご記入をお願い致します。
 【施設見学エントリーフォーム】

●リクルートエントリー(随時対応)
 以下の【 】をクリックしていただくと応募フォームへと進みます。
 必要事項のご記入をお願い致します。
 【リクルートエントリーフォーム】

●ご質問、お問い合わせはメールでお願い致します。
 E-mailアドレス jinji@ar-ex.jp
 ※「@ar-ex.jp」のメールが受信できますようにメール設定をお願い致します。
 お申込み、お問い合わせいただきましたら担当(兼子)よりご連絡させていただきます。