学術活動報告

当院では学会参加などの学術活動を積極的に行っております。

第8回 日本ダンス医科学研究会学術大会への発表報告

大会テーマ:『生涯ダンスを楽しむために』3月5日に第8回日本ダンス医科学研究会学術大会が京都で開催されました。今回、「バレエダンサーにおける足関節後方インピンジメント症候群に対する鏡視下手術後の経過報告」を一般演題とポスターで発表いたしました。足関節後方インピンンジメント症...

第13回 肩の運動機能研究会 「超音波検査装置によるelbow push test時の 前鋸筋と腹斜筋群の動態観察」についての発表報告

2016年10月21〜22日に広島で開催された第43回肩関節学会・第15回肩の運動機能研究会において、超音波検査装置を用いた研究のポスター発表を行いました。野球の投球動作で肩関節を怪我した患者に対して、ElbowPushTest(EPT)と呼ばれるテストが臨床上多く用いられ...

第13回 肩の運動機能研究会 「投球障害肩の画像所見と症状」についての発表報告

10月21、22日に開催された第13回肩の運動機能研究会で、投球障害肩(投球時に肩の痛みが出現する症状)の野球選手と痛みなどの症状の訴えがない野球選手の画像所見と症状に関する研究発表を行いました。投球障害肩のリハビリテーションは臨床上、局所部位以外の全身的身体機能改善プログ...

第13回 肩の運動機能研究会 「健常人におけるYエクササイズの運動パターンの検討」についての発表報告

2016年10月21日から22日の2日間、広島で開催された第13回肩の運動機能研究会に参加し、発表を行いました。僧帽筋下部のトレーニングとして知られているYエクササイズについて、僧帽筋下部および菱形筋の筋動態、運動前後の肩甲骨アライメント(肩甲骨の位置)変化の関係性について...

第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会発表および参加報告

9月16~18日に札幌で開催された第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会で当院平田副院長が超音波検査が診断・治療に有用であった症例についてポスター発表を行いました。今回の学会では足関節捻挫や股関節唇損傷、非特異性腰痛の病態や治療に関するパネルディスカッションがありました...

【第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(8th JOSKAS)での発表報告】

7月28日〜30日に開催された第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(8thJOSKAS)で平田副院長が『一次修復不能な腱板広範囲断裂に対するDebeyre-Patte変法併用鏡視下腱板修復術の限界は?』というテーマで口述発表を行いました.これからもより良い治療を提供で...

8th JOSKASでの発表報告

7月28日〜30日に開催された第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(8thJOSKAS)で、大腿骨寛骨臼インピンジメント(FemoroacetabularImpingement:FAI)(骨盤や大腿骨の形態異常により股関節を深く曲げた時などに、骨の衝突が生じ関節組織の...

スポーツクリニック研究会における平田副院長講演会報告

平成28年7月17日(祝)NPO法人佐久平総合リハビリセンター主催によるスポーツクリニック研究会の講習会において、平田正純医師(当院副院長)が講演を行いました。テーマは「肩関節疾患の診察の仕方と肩腱板断裂に対する手術のuptodate」です。日頃、平田正純医師がどのように考...