メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー2017 in京都 講師

4月29日に京都市で行われた メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー2017 in京都において

「アスリートにおけるリハビリテーション」のテーマで講演をしてきました。

アスリートにおけるFAI(Femoroacetabular impingement)は、頻度は多くないが1回の大きな外傷で関節唇損傷などが発生するもの(スポーツ外傷)と繰り返し股関節にストレスがかかることが起因となり起こるもの(スポーツ障害)があります。

今回はスポーツ障害としてのFAIに関するリハビリテーションの考え方を述べさせていただきました(下記スライド参照)。

今後もアスリートのみならず、全ての患者さんにとって、より良いアプローチを提案していけるように研鑽に努めていきます。


竹内 大樹
理学療法士
 
 

関連記事