ワイパー体操(腰痛予防ストレッチ)

今回は起床時、就寝時など横になった時に気軽にできる腰痛予防ストレッチを御紹介致します。


筋性由来の慢性的な腰痛がある方、腰の張りを訴える方でマッサージや整体などに行き、その時には改善されたとしても、やはりいつの間にか戻ってくる腰の痛み…、改善したくありませんか?

マッサージは根本的な治療にはなりません。自分の身体の仕組みを理解しご自身で身体づくりを始めてみませんか?体力に自信がないからエクササイズはちょっと…という人におすすめなのが、ストレッチです。

 ワイパー体操の方法

①うつ伏せに寝た状態で、両脚を揃えて両膝90°に曲げます。

膝から下の下腿部は力を抜きリラックスします。

③自動車のワイパーをイメージしてください。
④両下腿を揃えたままゆっくり左右に倒して動かします。

⑤脚を倒す時、倒す方向とは逆方向に顔を向けるようにすると体が浮きにくくなります。
⑥脊柱は骨盤、股関節の連動性があるので下肢を動かすことにより腰部、股関節周囲筋がストレッチされます。
⑦筋が弛緩すると腰~骨盤周囲の可動性が向上する為、筋の硬直が改善する事で腰痛予防になります。

 

注意事項

激しい痛みや持続する鋭い痛みのケース、急性腰痛、運動時に疼痛増強する方は症状に応じて行う様にして、必ず無理のない範囲で行う様にしてください。経過も長く慢性的な腰痛症の方は一度専門医師に相談してみてはいかがでしょうか?


神長 涼
柔道整復師
関節: 脊椎
スポーツ: バスケットボール