変形性股関節症

変形性股関節症 へんけいせいこかんせつしょう 印刷用ページ

・股関節周囲(つけ根,お尻,太もも)の痛みや重苦しさ
・歩行時、立ち上がる時など体重をかける際の痛み
・脚を曲げる,開く(あぐら)時に痛い
・曲がらない、開かない
・脚の長さが違う
・体が傾く,脚を引きずるなどの歩行障害

1

次性: 明らかな原因がなくて関節が壊れてくるもの。
これは関節軟骨の細胞が老齢化して、しっかりと働かなくなったためと考えられています。

2次性: 何らかの病気やケガが原因で起こるもの。
日本では、この2次性が大半を占め、先天性股関節脱臼と臼蓋形成不全によるものが約90%、圧倒的に女性に多いという特徴があります。

股関節の病気は遺伝性が強く、親兄弟や親戚で股関節の病気を患っている方がいる場合、自身も遺伝している可能性が大きいと考えられます。

投薬 患部の炎症を抑える
装具療法 患部の負担を減らす
物理療法・徒手療法 筋肉の過緊張を和らげる
関節運動の改善
運動療法 筋肉を柔軟にし強くする
日常生活指導 杖や履き物(補高)等のチェック
体重調整
症状が変わらない  
骨・関節の状態が悪い