変形性膝関節症

変形性膝関節症 へんけいせいひざかんせつしょう 印刷用ページ

・立ち上がり、歩き出しが痛い
・膝がはれている。重い感じがする
・膝の内側(外側)が痛い
・正座ができない、階段昇降が困難
・50~70歳代に多い

年齢を重ねるにつれ、荷重関節である膝関節にストレスがかかります。体重の重さにより、関節軟骨がすり減り、関節の隙間は狭くなり、骨に棘(とげ)ができ、膝関節の骨の変形が始まります。加齢(老化)によるものだけではなく、肥満、外傷、素因(遺伝性)も原因と考えられています。

変形性膝関節症には、内側型(O脚)、外側(X脚)に分類されます。症状は、初期では歩き出し、立ち上がりの痛み、中期では歩行時、正座、階段昇降時の痛みが生じ、末期ではさらに変形が進み、膝が伸びない、曲がらない、歩行が困難となります。

運動療法に重点を置いています。

投薬・注射 患部の炎症を抑える
関節の潤滑度を上げる
物理療法・徒手療法 筋肉の過緊張を和らげる
関節運動の改善
運動療法 筋肉を柔軟にし強くする
装具療法 関節の安定、保護する
重心の位置をかえ、負担を軽減する
保存療法の効果がみられない
膝の動く範囲が悪い場合  
人工膝関節置換術
骨の変形が高度の場合に施行されます