半月板損傷

【半月板の役割】

半月板は膝関節の内側と外側にあり、膝のクッションとして、また関節を安定させる役割を持った重要な組織です。



【半月板損傷はどのように起こるのか】

半月板損傷の多くはスポーツ中に、体重がかかった状態で膝を捻るような動作で切れてしまうことがあります。
また、一度のストレスでなくても加齢や繰り返される微細なストレスによって半月板損傷が起こることもあります。

【症状について】

半月板を損傷すると膝の曲げ伸ばし時の痛み、ロッキング症状(膝が伸び切らない,曲がらない)、
キャッチング症状(引っ掛かり感)、膝に水が溜まるなどの症状が出ます。

【診断について】

診断は医師が診察中に行う徒手的な検査やMRIによる画像検査が有用です。
また、ケガをした時の状況がとても重要となります。

【治療について】

半月板損傷の治療法としては大きく分けて保存療法と手術療法があります。

多くの場合は最初に保存療法(リハビリ,内服薬)の適応となります。

保存療法で改善が見られない場合は手術療法を検討していきます。
しかし、ロッキング症状が著明な時などは最初から手術療法の適応となる場合があります。

手術にはリスク、手術後の安静期間などへの注意が伴いますので担当の医師と話し合い相談して慎重に決定します。
※詳しい手術方法はこちら

半月板損傷には保存療法、手術療法後にもリハビリが大切となります。


※手術に関しての情報はこちらをご確認ください。 「鏡視下半月板縫合・切除術とは」

※保存療法のリハビリについてはこちらをご確認ください。 「半月板損傷の保存療法」

※手術療法後リハビリについてはこちらをご確認ください。 「鏡視下半月板縫合・切除術後のリハビリテーション」