手・肘関節の専門外来

【手・肘関節の疾患名】

手の外科:ばね指、舟状骨骨折、手根管症候群、母指MP靭帯損傷、TFCC損傷 肘関節:滑膜ひだ障害、離断性骨軟骨炎、肘部管症候群、難治性テニス肘   etc
 

【手・肘関節疾患の症状】

手の外科:
☆手の引っかかりがある
☆手の痺れがある
☆手・手関節に痛みがある
☆物を持つと痛い
☆手をつくと痛い

肘関節:
★肘の内・外側が痛い
★指先の痺れがある
★手の筋肉が痩せた
★肘の緩さがある
★物を持ち上げると痛い
 

【検査方法】

レントゲン、MRI、CT、超音波画像診断
 

【治療】

リハビリテーション、注射、手術
 

【特徴】

肘・手の外科は大野医師が担当します。
スキーやゴルフの競技経験を活かし、アスリートの立場に立った丁寧な治療が評判でゴルフを行っている方々も多く診察にお見えになっております。
注射をしても繰り返す難治性のテニス肘も鏡視下手術で処置しています。
また投球競技における復帰プランもリハビリ担当者とプロトコルに沿って進めています。
さらに、野球肘など成長期の障害の専門として平田医師、手の外科の専門として平澤医師の外来が2016年度より始まりました。
 

【外来担当日】

大野達朗 医師(手の外科、肘関節全般):毎週水曜日
平田正純 医師(スポーツ肘障害、離断性骨軟骨炎):月曜午後、水曜午前
平澤英幸 医師(手の外科):第2.4土曜日
 

【専門医師】

大野達朗 医師