体外衝撃波の特徴

体外衝撃波治療の特徴

1回の治療時間は15分程度
•治療頻度は2週間に1回で3回ほど
•外来通院で治療可能
•麻酔など行わず、傷跡なども残らない


体外衝撃波治療 の流れ

体外衝撃波の治療効果


短期的除痛(神経に対する効果)
•疼痛を誘発している自由神経終末の週末部を破壊する
•痛みに関わる神経内の伝達成分を減少させる


長期的除痛 組織修復作用(腱に対する効果)
•血流を改善する(血管の新生)
•Ⅰ型コラーゲン産生を促す成長因子を生み出す効果があり、それらが変性した腱組織を再生させる。

副作用など
副作用がほとんどないのが体外衝撃波治療の特徴ですが、以下のことが起こる可能性があります。

•治療中と治療後の疼痛
•皮下出血,発赤,湿疹
•腫脹
•感覚異常

いずれも一時的な症状で数時間から数日で軽快します

禁忌

国際衝撃波治療学会で示されている禁忌症(整形外科領域)

集中型および拡散型
•悪性腫瘍
•胎児,妊婦

集中型       
•肺への照射 
•悪性腫瘍       
•骨端線(成長線への照射)  
•脳,脊髄への照射                      
•血栓,血液凝固異常のある方

 

お問い合わせ

体外衝撃波治療の詳細な費用やご質問、ご不明点のある方はインフォメーションセンター(0267-88-7850)までお問い合わせください。
 

AR-Exグループ クリニック