金崎 志帆

医師

関節: 股関節
 

コメント

帝京大学溝口病院で中村教授のもと股関節を専門に治療しています。

元は変形性股関節症に対する人工股関節全置換術を専門としていましたが、最近では股関節の分野は発達し、様々な疾患が分かってきました。

そこで必要となるのは股関節鏡で、世界に遅れをとらない知識、スキルの獲得の為、1年間産業医科大学若松病院の内田宗志先生に弟子いりしました。

痛みの程度、種類は患者さんによって違います。痛み、悩みに常に一緒に向きあい、一緒に治療し、ゴールに到達して頂けることが私の幸せです。


まずは痛みが出た時にどの病院に行こうと迷われると思いますが、当院はそれぞれの分野のエキスパートがいますので安心してきていただけましたら幸いです。