青山 倫久

理学療法士

関節: 股関節
スポーツ: スポーツクライミング

資格

認定理学療法士(スポーツ)

理学療法学修士

専門分野

投球障害肩・野球肘

股関節疾患・膝関節疾患

腰椎分離症

スポーツ歴

アメリカンフットボール・陸上競技・クライミング

コメント

私はアレックスの研究部門に籍をおき、臨床もおこなう傍らで研究活動もおこなっております。

そんな中で日々感じるのは、論文から得られる知識も多くありますが、臨床で患者さんからも非常に多くを学ばせてもらっているということです。

目の前の患者さんをひとりでも多く笑顔にできるよう努力してまいります。
 

最新更新情報

第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会参加報告

9月8日〜9日に宮崎シーガイアで行われた第43回日本整形外科スポーツ医学会学術集会に参加してきました。当院の平田正純副院長が『Bankart-Bristow法後再受傷例の治療経験』というテーマでポスター発表を行いました。またPRP(PlateletRichPlasma)治療...

第6回日本アスレティックトレーニング学会学術集会 参加報告

7月22〜23日に軽井沢プリンスホテルで行われた第6回日本アスレティックトレーニング学会学術集会に参加してきました。当法人からは都立大整形外科クリニックの山田亮治トレーナーと佐藤三奈子トレーナー、AR-Ex尾山台整形外科の志保澤卓成トレーナー、脊椎クリニックの神長涼トレーナ...

両肩脱臼を乗り越え復帰したアメリカンフットボール選手

肩関節脱臼はラグビーやアメリカンフットボールなどのコンタクトスポーツにおいて頻発する外傷のひとつであり、また再発しやすいことから再脱臼を防ぐために手術療法を選択することが多いです。肩関節前方脱臼に対する手術には、前方の関節包靭帯や関節唇を縫合する鏡視下Bankart修復術が...

第36回東京都理学療法学術大会参加報告

6月18日に東京都練馬区で行われた第36回東京都理学療法学術大会に参加してきました。当法人からは都立大整形外科クリニックの小尾理学療法士、明大前整形外科クリニックの小田切理学療法士、AR-Ex尾山台整形外科の糸川理学療法士の3名による症例報告を行いました。当法人では1〜2年...

9th JOSKAS シンポジウム講演

【第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(9thJOSKAS)での発表報告】6月22日〜24日に札幌で開催された第9回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(9thJOSKAS)においてシンポジウム「アスリートの股関節痛鑑別診断と治療」のシンポジストを務め、また「両肩鏡視...

股関節唇損傷の手術後リハビリテーション

股関節唇損傷の手術後リハビリテーション股関節唇損傷や大腿骨寛骨臼インピンジメントに対する手術は、当院では関節鏡視下で損傷した関節唇を縫合し、大腿骨頚部等のインピンジメントによって反応性に生じた骨膨隆部を切除する処置が主な内容です。術後リハビリテーションは処置をおこなった組織...

メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー講演  

4月29日に京都市で行われました、メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー2017in京都において「術後アスレティックリハビリテーション」のテーマで講演をしてきました。FemoroacetabularImpingement(FAI)というのは股関節を深く曲げた際に、骨盤と...

ACL再建術後に復帰したバレエダンサー

バレエは美しい姿勢を保ちながら、片脚での回転動作や柔らかい着地動作が求められます。膝前十字靭帯(ACL)断裂後にACL再建術をうけ、リハビリテーションに取り組んだ結果、無事にバレエに復帰した患者さまについてご紹介します。患者紹介6年前に反復横跳びで右膝前十字靭帯(ACL)を...

第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会発表および参加報告

9月16~18日に札幌で開催された第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会で当院平田副院長が超音波検査が診断・治療に有用であった症例についてポスター発表を行いました。今回の学会では足関節捻挫や股関節唇損傷、非特異性腰痛の病態や治療に関するパネルディスカッションがありました...

【第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(8th JOSKAS)での発表報告】

7月28日〜30日に開催された第8回日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(8thJOSKAS)で平田副院長が『一次修復不能な腱板広範囲断裂に対するDebeyre-Patte変法併用鏡視下腱板修復術の限界は?』というテーマで口述発表を行いました.これからもより良い治療を提供で...