逆瀬川雄介

理学療法士

関節: 肩関節, 足関節
スポーツ: 野球

運動器疾患の保存療法や手術後の理学療法から市内小学校での障害予防活動など幅広く活動しています。

自分は野球をやっていたこともあり、痛みを訴えやすい肩関節に興味を持つようになってから、集中的に勉強するようになりました。 

日頃から肩に痛みやコリを感じている方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。

「これくらいならそのうち治るかな?」が長引くと肩が挙がらなくなってる...なんてことが起こることはよくあります。

些細なことでも構いません。お困りの際は是非ご相談ください。

活動実績:

【学会発表】

2016年 第46回 長野県理学療法学術大会

「足関節外果骨折SER-stage3の症例に対し保存療法を実施し良好な成績が得られた一症例」

【その他活動】

•野球肘検診 メディカルチェック
•市内小学校講演会 対象:小学校全学年の児童

  「身体みがき-良い姿勢と体作りについて-」

•長野県サッカー中体連大会 トレーナー活動(中学生)

バレーボール北信越大会  トレーナー活動(大学生)   など

投稿したページ(一覧)

研修報告 スポーツ医学ベーシックセミナー 膝関節

2016.07.29

スポーツ医学ベーシックセミナー膝関節日時:2016/7/23(土)15:00~19:20場所:愛知県名古屋市中区大須4-9-60ローズコートホテル今回、愛知県名古屋市にありますローズコートホテルにて行われたスポーツ医学ベーシックセミナー膝関節に参加させて頂きました。・塚原隆...

もっと読む

第45回長野県理学療法士学術大会での発表報告

2016.06.29

6月18日に長野県篠ノ井市で開催された第45回長野県理学療法学術大会において、本来であれば手術が第一選択と報告されている足関節外果骨折SER-stage3の症例に対し保存療法を実施し良好な成績が得られた一症例について口述発表を行いました。本発表の目的は、手術対象と考えられた...

もっと読む
投稿したページの一覧を見る