竹内 大樹

理学療法士

 
 

資格

理学療法士

保健医療学修士

専門分野

スポーツ整形外科

投球障害肩

スポーツ股関節疾患(FAI)

前十字靭帯損傷

膝蓋骨亜脱臼症候群

ランニング障害

スポーツ歴

陸上競技(長距離)

野球

所属学会

日本理学療法士協会

日本臨床スポーツ医学会

理学療法科学学会

コメント

関節鏡視下手術を中心とした関節外科疾患とスポーツ障害を中心に日々、選手ならびに患者さんの治療を行っています。

トップアスリートから地域のスポーツ少年、小児からお年寄りまで、スポーツレベルや年齢問わず幅広く対応しております。すべての人々にそれぞれ適した治療方針を模索しながらリハビリテーションの提供をしています。

また、アレックスではリサーチ部門に在籍し研究活動と外来治療を行っています。

2009年4月からは国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科にも籍を置き、選手や患者さんに還元するため、より実践に即した臨床研究活動を行っております。

投稿したページ(一覧)

メディカルスタッフのための股関節鏡セミナー2017 in京都 講師

2017.05.05

4月29日に京都市で行われたメディカルスタッフのための股関節鏡セミナー2017in京都において「アスリートにおけるリハビリテーション」のテーマで講演をしてきました。アスリートにおけるFAI(Femoroacetabularimpingement)は、頻度は多くないが1回の大...

もっと読む

第13回 肩の運動機能研究会 「投球障害肩の画像所見と症状」についての発表報告

2016.10.28

10月21、22日に開催された第13回肩の運動機能研究会で、投球障害肩(投球時に肩の痛みが出現する症状)の野球選手と痛みなどの症状の訴えがない野球選手の画像所見と症状に関する研究発表を行いました。投球障害肩のリハビリテーションは臨床上、局所部位以外の全身的身体機能改善プログ...

もっと読む
投稿したページの一覧を見る