高原 美恵

理学療法士

関節: 肩関節
スポーツ: バレーボール

資格

理学療法士

健康運動指導士

IHTAヨガインストラクター1、2級

RYT200終了

専門分野

肩関節疾患

スポーツ歴

バレーボール

ビーチボール

Yoga

コメント

佐久平整形外科クリニックで3年勤務し、平成26年4月よりAR-Ex尾山台整形外科で勤務させて頂いております。

高校生の時に肩を痛め、痛みや競技復帰へ不安を抱えた日々を送った経験から、皆様の不安を取り除けるように努めたいと思っております。

肩関節疾患を専門としており、拘縮肩や肩関節周囲炎の保存療法、肩腱板断裂の術後リハビリテーションを多く経験しています。

手技としては、機能解剖を基に徒手療法、頭蓋仙骨療法を学び、理学操体法を勉強中です。症状に応じて対応させていただきたいと思います。

また、体育大学出身で健康運動指導士の資格を取得しており、最近ではヨガやピラティスを取り入れたボディーワークに興味をもち勉強しております。自身のコンディショニングで実践しつつ、皆さまの健康のために活かしていきたいと考えています。

よろしくお願いいたします。

最新更新情報

STOTT PILATESリハビリテーションプログラム参加報告

STOTTPILATES「リハビリテーションプログラム」に参加してきました。日程:2017年5月3日~5日場所:ZONE(大阪)講師:上泉渉先生(STOTTPILATEST認定リードインストラクター)【呼吸について】普段何気なくしている「呼吸」について考えたことがありますか...

肩腱板断裂の手術後リハビリテーション

肩腱板断裂の手術後リハビリテーション断裂した腱板を縫い合わせ修復する手術(鏡視下腱板修復術)を行った場合は、手術後のリハビリテーションで腱板の機能を戻すことが重要となります。また、そのリハビリテーションは、腱板の断裂サイズによって治療プログラムが異なります。当院では以下のよ...

半月板損傷の手術(縫合・切除)後のリハビリテーション

半月板損傷に対する手術は半月板を切除する場合と縫合する場合とがあります。また、手術の方法によって手術後のリハビリテーションが異なります。当院では、以下のようにリハビリテーションを行っていますので紹介します。【半月板部分切除術の場合】術後1カ月まで…・痛みのない範囲で足に体重...

第14回 アレックス学会 ~革新~

年に1回の法人研修が11月19日に熱海で開催されました。日程:2016年11月19日(土)会場:熱海後楽園ホテル学会長:都立大整形外科クリニック山田裕子院長当院からも数演題発表させていただきました。パネルディスカッション今回の学会では法人全体で診療認識を統一すべくパネルディ...

スチレッチなしで柔軟性向上?不思議な身体のつながり

「最速のアナトミートレイン治療~OPA導診法~」日程:平成28年10月30日会場:東淀川区民会館講師:波多野征美先生アナトミートレインとは、全身の筋膜・筋筋膜のつながりを地図として表現しています。1つの筋肉を単体で考えたときいは得ることのできないつながりとして代償動作を考え...

脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニアの手術とは?

「脊椎内視鏡下後方手術」の勉強会報告当院でも脊椎手術後が始まり、各スタッフの専門性を高めることを目的に石塚医師によって勉強会が開催されましたのでご報告させていただきます。講師:石塚怜王医師内容:「脊椎内視鏡下後方手術」について【腰椎椎間板ヘルニアに対する手術の術式】従来法(...

スポーツクリニック研究会における平田副院長講演会報告

平成28年7月17日(祝)NPO法人佐久平総合リハビリセンター主催によるスポーツクリニック研究会の講習会において、平田正純医師(当院副院長)が講演を行いました。テーマは「肩関節疾患の診察の仕方と肩腱板断裂に対する手術のuptodate」です。日頃、平田正純医師がどのように考...

平田副院長講演会報告

2016年6月25日大阪府理学療法士会主催理学療法士講習会において、当院副院長平田正純医師が「リハビリテーションに活かす運動器超音波検査」をテーマに講演とエコーハンズオンセミナーを行いました。

鏡視下前十字靭帯再建術(ACL再建術)後の装具DONJOY装着方法に関する勉強会

当院では、ACL再建術後にDONJOYという硬性装具を使用しております。6月8日、今回4月に入職をした新人を対象に、メーカーさんにご協力いただき、装具の装着方法をしっかり指導できるようポイント確認を行う勉強会を開催いたしました。【装着方法】1.ストラップのベルクロを全て取り...