山田 祐子

医師

 
 
日本医科大学整形外科医局に19年間所属し、整形外科一般の診療及び外傷、関節外科の手術を行ってきました。学生時代自分自身もスポーツをしていたことからスポーツ整形を学び、JBLや世界バスケットボール選手権の大会ドクター、長野オリンピックのスキー会場や選手村での診療などを勤めさせていただきました。それらを通じて感じたことですが、一つは日常生活やスポーツ復帰には正確な診断と治療を行うこと。そしてもう一つは年齢を問わず患者さんが、筋力を強化し体のバランスを整えていくことが大切だということです。そのために最新の医療を提供できるよう、また患者さんのお気持ちに沿った診療ができますよう、日々邁進していきたいと思っております。
専門医: 日本整形外科学会認定専門医
出身大学: 平成6年 日本医科大学卒業
平成13年 日本医科大学大学院卒業
勤務開始: 平成26年1月 都立大整形外科クリニック
経歴: 平成6年 日本医科大学付属病院
平成13年 栃木県・県南総合病院 リハビリ科医長
平成17年 日本医科大学武蔵小杉病院
平成25年 日本医科大学付属病院