第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会 参加報告

9月16日~18日に第42回日本整形外科スポーツ医学会学術集会(JOSSM)に参加してきました。

当院で診察を行っている林医師が、投球障害肩におけるMRI画像と症状の関係について口述発表を行いました。

また、平田医師はソフトボール選手の肩の怪我に対して超音波検査が診断・治療に有用であった症例についてポスター発表を行いました。

今回は、足関節外側靱帯損傷や投球障害肩、腰痛などに対する診断方法や治療方針がパネルディスカッションにより議論されました。データに基づいた自身の考えや治療成績が報告されておりましたが、客観的な評価・判断基準に関する質問が多く挙がりました。まだまだゴールデンスタンダードは確立されておらず、今後それを明らかにしていく必要性が強く求められていると感じました。

また、リオデジャネイロオリンピンク・パラリンピックの直後ということもあり、それに向けたメディカルサポートや東京オリンピック・パラリンピックに向けての準備の報告も行われました。当院にはトップアスリートだけではなく、スポーツに励んでいる学生も多く来院しています。私たちが今できることは、彼らの症状を改善する手助けをすること、怪我やトレーニング、食事などに関する正しい情報を提供することだと強く感じました。今後も、日々の臨床が将来につながることを肝に銘じて、丁寧に診療にあたりたいと思います。


戸田 優希
理学療法士
関節: 膝関節
スポーツ: 競泳, 野球