超音波画像診断装置について

超音波画像診断装置について

超音波画像診断装置は解像度が低かったためその10年前までは、活用方法が限られていました。
また,単純X線写真,CT,MRIを駆使することで,ほとんどの疾患の診断が可能な域に達しています。
しかし近年、装置のデジタル化、高周波化により画質が飛躍的に向上してきたており、整形外科領域でも超音波診断装置が注目を集めています。

現在、当院では最新の超音波画像診断装置を2種類使用しております。

株式会社日立メディコ製デジタル超音波画像診断装置
Noblus

株式会社KONICA MINOLTA製デジタル超音波画像診断装置
SNiBLE

検査方法

検査は、検査の対象部位にゼリーを塗り、超音波発信器(プローベ)を軽く押し当てて行います。
患者様と一緒にその場でモニターを見ながら検査することが出来ます。
また、検査による疼痛などがなく身体にあたえる影響も無い為、妊婦の方でも安心して検査を受けていただくことが可能です。