高倉整形外科クリニック 施設見学報告

11月29日に兵庫県にある高倉整形外科クリニックの施設見学をさせて頂きました。
高倉整形外科クリニックには足の外科専門外来があり、多くの足部疾患の患者様が受診される病院です。
当院でも、足関節捻挫や有痛性外脛骨障害を始めとした足部疾患の患者様が受診されます。今回の施設見学の目的は、足の運動療法の実際を学習し、上田を受診される患者に応用することです。
足部は人体で唯一地面に触れている場所であり、バランスや感覚などの機能を担っています。これを支えているのは足部周囲の筋群です。足関節捻挫や偏平足障害では足関節内側・外側・後方にある筋群の筋力低下が生じます。
これらの筋群をトレーニングして再教育すると、偏平足やバランス能力の改善が可能です。
トレーニングは可動域最大限まで動かすことがポイントです。
足部疾患の運動療法のポイントを学び、さっそく外来で取り組んでいます。今までとは違った反応が出る症例も経験し、運動療法の重要性を感じています。
今後も、足部障害で困っている患者様の役に立てるように努力します。



足のトレーニングの一例です。当院では、筋力合わせてゴムチューブで負荷を上げます。
最終的には片足でつま先立ちが出来る様にします。
 

AR-Exグループ クリニック