膝関節半月板損傷の関節鏡での手術 縫合術・切除術

半月板とは膝の大腿骨と脛骨の間にある馬蹄形の軟骨板で内側・外側にそれぞれあり、衝撃を緩和するクッションのような役割と膝の安定性を保つ役割をはたしています。これが損傷すると、膝の曲げ伸ばしや歩行の際に痛みやひっかかりを感じるようになります。ひどい場合には膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり屈伸ができなくなるほど痛くなります。リハビリテーションや抗炎症薬の処方など保存的治療で症状が改善する場合もありますが、改善しない場合には関節鏡下で手術を行います。

半月板とは?

下記の写真は右膝です。

半月板損傷と症状

半月板が損傷すると、膝の曲げ伸ばしや歩行の際に痛みやひっかかりを感じるようになります。ひどい場合には膝に水(関節液)がたまったり、急に膝が動かなくなる“ロッキング”という状態になり屈伸ができなくなるほど痛くなります。


 

半月板の治療〜手術の方法〜

手術の方法は半月板の損傷の度合い、損傷の仕方により変わりますが主な手術法は縫合術(損傷した部分を縫い合わせる)と切除術(損傷した部分を切り取る)の2種類あり、通常は関節鏡を使った鏡視下手術を行います。

当院では静脈麻酔と吸入麻酔を用いた全身麻酔で手術を行います。

傷口も手術方法(縫合術か切除術か)によりその数と場所が異なります


半月板の断裂の種類 

            横断裂                           縦断裂

                  水平断裂                           横から見たところ

                            フラップ状断裂                              円板状半月板

                       バケツ柄状断裂            バケツの持ち手のように断裂し徐々に亀裂が大きくなる


関節鏡での半月板縫合の手術

当院クリニックでは基本的に、スポーツや安定した生活動作に必要な半月板は出来る限り縫合し温存する方針をとっています。

半月板の損傷の度合い・状況を観察し、損傷が強く回復が難しい部分を処理した後で血液の流れや状態の良いところを最大限に生かした縫合を行います。
 

縫合の仕方(縦断裂の時)

     

縦断裂 縫合の適応、またはその必要性が高い
水平断裂
横断裂 できるだけ縫合、条件によっては切除
円板状半月板
フラップ状断裂 縫合しても再断裂のリスクが高いため切除となることが多い


 

関節鏡での半月板切除の手術

半月板そのものは血行がそれほど良いものではありませんがその中でも特に血行が悪い部分で断裂している、断裂している部分の組織がもろく縫合が困難、縫合しても血行不良により治癒が望めない時などは手術法として「半月板切除術」が選択されます

主な切除の仕方

                      横断裂

                水平断裂

                フラップ状断裂

                円板状半月板

全ての処置が終わった後、関節内を良く洗い手術を終了します

手術をした方の足に血栓予防の靴下を履かせていただき、手術の内容によって患肢固定の為の装具を装着する場合があります

 

麻酔の覚め具合や足の動きを確認したらベッドまたはストレッチャーで病棟へ移動します。

 

術後の痛みに対しては点滴から痛み止めの薬を投与します。痛みが強くなる前に病棟看護師にお声を掛けて下さい。