膝蓋骨亜脱臼症候群

 
    膝蓋骨亜脱臼症候群       印刷用ページ
         しつがいこつあだっきゅうしょうこうぐん

 

・膝の屈伸や、膝を内側に向けたり、足を外に向けたりすると、お皿が外に抜ける
・膝くずれとなったり、膝が動かなくなる(ロッキング)
・関節内での出血や張れ

 

生まれつき太ももの骨の外側の山が浅かったり、お皿の形が変形したり、位置がずれている人(図1)、X脚や膝の関節がやわらかすぎる人、また、膝の内側の筋力が弱い人などに多く発生します。

タイプⅠ タイプⅡ タイプⅢ
お皿の中心が真ん中 お皿の中心がやや内側 お皿の中心がかなり内側

 

 

運動療法に重点を置いています。

投薬 患部の炎症を抑える
     
運動療法 必要な筋力をきたえる
     
装具療法 亜脱臼を防止する
     
症状の改善がみられない場合 関節鏡視下手術
(内側膝蓋大腿靭帯再建術)など