脊椎(腰・首)の疾患、専門医の紹介

【疾患名】

腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症、筋筋膜性腰痛症、腰椎圧迫骨折、頸椎椎間板ヘルニア、頸部脊柱管狭窄症、変形性側弯症、等

【症状】

★腰が痛い、背中が痛い

★肩がこる、首が痛い

★上肢のしびれ、脱力感

★下肢のしびれ、脱力感

★歩行障害

★手を使った細かい動作(ボタンかけ等)がしにくい

【検査方法】

レントゲン、MRI

【治療】

運動療法、内服薬、ブロック注射、内視鏡手術、日帰り手術(Mini PED

【特徴】

アレックスグループに脊椎専門外来が新たにオープンしました。吉原医師、石塚医師の2名で腰椎・頸椎の専門的な診察および治療を行っています。

 

吉原医師は全国でも数少ない「脊椎内視鏡下手術技術認定医」の一人で、内視鏡を駆使した低侵襲な手術(PEDPELMEL)を中心に、個々の患者さんに最も適した方法をご提案しています。

 

石塚医師は高度な治療を行っている大学病院から地域医療を志し当グループにお越し下さいました。様々な治療法の中から根拠に基づいた最適な治療をご提案しています。

 

両医師とも、手術の適応患者さんには低侵襲な内視鏡手術を、手術を希望されない患者さんには、神経根ブロック、運動療法などの保存療法で対応しています。

いずれの場合でも、ご自身の病状を理解していただき、治療のご希望をお聞きした上で治療方針を決定しています。

【専門医師】

吉原潔、石塚怜王

【外来担当日】

吉原先生:月曜(午前)、火曜(午後)

石塚先生:月曜(午後)、水曜、金曜

【脊椎外科専門医】

 吉原潔 医師

首、背中、腰など背骨の痛みや病気を診る脊椎外科専門医です。
「小さな傷での内視鏡手術」と「本格的な運等療法の指導」が私の治療の特徴です。
内視鏡手術では、日本でまだ数少ない脊椎内視鏡手術技術認定医の資格を有しています。
運動療法では、自らトレーニング・指導を実践しており病人からフィットネスレベルまで対応が可能です。

 石塚怜王 医師

脊椎脊髄疾患の診療を専門としております。
首・腰の痛み、手足の神経痛・しびれにお悩みの方はご相談ください。
大学で培った知識と技術を生かして、皆様が痛みやしびれから解放されるお手伝いをさせて頂きたいと思います。
手術だけではなく、薬物治療・神経ブロック・運動療法などを駆使して患者さんに合わせた最善の治療を提供させて頂きます。

吉原医師の診察をご希望の方は、お電話のみでのご予約 となります。
ご希望の方は(03-5758-3007)までお問い合わせいただきますようお願い致します。
なお、同一病名・同一部位で他の医療機関を現在受診中の患者さまは、診療情報提供書(紹介状)とMRICTなどの画像データをご用意の上、受診いただきますようお願い致します。ご不明な点がございましたら、お電話にてお問い合わせください。