澁川正人

医師

整形外科全般の疾患に対処しています。 日本医科大学付属病院整形外科に11年所属、高度救命救急センターに1年間所属しました。 整形外科は、四肢・体幹の運動器の障害をおもに扱います。
・外傷(打撲・捻挫・骨折・キズなど)
・痛み・しびれ・違和感・重い感じ・こわばり
・関節の運動制限(動きが悪い、硬い)
・腫瘍(できもの)
・感染、など
特に、骨粗鬆症、関節リウマチは、最近のトピックで、病態の解明・治療法・治療薬など、日々進歩しています。これらに対して、研究会・勉強会・学会に積極的に参加し、患者さんには最新の治療法を提供し、かつ個人個人の環境・性格・病状などに合わせた治療を行うため専門外来を行っています。
当院では、運動療法に力を入れており、日常生活動作や生活の質の向上を目標に、治療にあたっています