リスフラン靱帯損傷

・足関節周辺部に痛み・腫れが生じる。
・足部のほぼ中央に痛みが生じる。
・体重をかけると痛い!
・足を動かすと痛い!

リスフラン靭帯とは、前足甲部のやや内側を斜めに走る細い靭帯です。多くは強く足を踏ん張った際に靭帯損傷します。
リスフラン靭帯損傷は通常の足関節捻挫と異なり、明らかな受傷機転がないため治療が遅れたり、軽い捻挫だろうと誤解され放置されやすいことが多くあります。
難治性であるため半年以上も痛みが続いたりすることもあり、場合によっては手術療法を選択されることもあります。

注意:・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。
・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります。

● ふくらはぎのストレッチ(立位)


1.片脚を後ろに下げ、胸を張った状態でかかとは浮かさない。

30秒/3セット
 







● 足首のストレッチ

1、片立ち膝になり、立てた膝に体重をかける。

※踵は床につけたまま

 30秒/3セット





















● タオルギャザー

1.足の指だけでタオルを引き寄せていく。

※土踏まずを丸めるようなイメージで。

20回/3セット




















● チューブ足首強化


・足首を手前にひき引っ張る。




 



・小指を持ち上げるように外へ引っ張る。





 


・つま先を押すように引っ張る。




 

・カタカナの「ノ」を書くように
内へ引っ張る。