胸郭出口症候群

・手指・腕のしびれ
・熱冷感、脱力感
・首、肩、肩甲骨、胸のうずくような痛み
・胸郭が小さく、首が長い女性、なで肩の若い女性に多い
・パソコンを用いる仕事、また美容師、教員などの腕を上げて仕事を行う方にも多い

胸郭出口(首から鎖骨部分)には、鎖骨下動脈、腕神経そうが通過する。鎖骨下動脈、腕神経のその上部には斜角筋、小胸筋、また肋鎖間隙の間を通過する。これらそれぞれの部分で神経、血管が圧迫されることで、腕にしびれ、痛みが生じる。胸郭が小さく、首が長い女性、なで肩の若い女性に多く、猫背傾向な方も、胸郭出口の圧迫を助長してしまう。またパソコンを用いる仕事、また美容師、教員などの腕を上げて仕事を行う方にも多いと言われている。

注意:・痛みが強くなる場合は、運動を中断してください。・炎症症状(腫れ・熱)が強い場合は、悪化する恐れがあります

●基本姿勢(胸・背中ストレッチ)

 

  ・ポールに頭からお尻まで乗る。
  ・両膝を立て、両腕をハの字にしてリラックス。
  ・肩の力を抜いて中心に乗りましょう!
  ・注:肩や腰に痛みがある場合は無理をしないように。



  ※5分/2セット







●胸のストレッチ

 1.壁などに手のひらを引っ掛け、体を開いていきます
  ※色々な高さに手をかけてみましょう

          ※30秒/3セット







● CAT&DOG
 

 

  ・四つん這いになり、背中を天井に突き出す
  ・背中(肩甲骨)を寄せるようにしていく


  ※15回/2セット







● 肩甲骨寄せ

  1.胸を張るように肩甲骨を内側へ寄せる
  ※腰をそらないように
  ※肩があがりすぎないように


   ※15回/2セット