アレックス画像検査

患者様が安心して中心となって医療を受けられるよう分かりやすい医療サービスを目指しています。

MRI 閉所恐怖症の方へ

MRI検査を受けられる患者様へ

こちらのページでは少しでも患者様が検査に対する不安を取り除けるように作成致しました。そもそも閉所恐怖症とは不安障害の一つです。狭い部屋に入ると突然の動悸や呼吸の乱れなどが起こるという事は、自分を守る自己防衛反応なのです。程度は様々でパニック発作を伴うときもあります。MRI検査を始めて自分が閉所恐怖症なんだと知る患者様も多くいらっしゃいます。MRI検査は装置の中が狭いだけではなく検査時間が他の検査と比べて非常に長いです。臨床目的によって検査時間は異なりますが約30分の間、静止した状態が必要です。検査中、呼吸の動きや体動により画像にボケが発生し正確な診断が出来ない場合もあります。検査時間が長いというのも閉所恐怖症を誘発させてしまう原因であります。
MRI検査においては、楽な体勢で安心して検査を受けて頂くことが非常に大切です。
例えば、足から入った方が安心できるという事であれば、検査によっては入る方向を変えることもできます。
もし検査に不安や要望がありましたら、是非担当技師にお伝えください。
(閉所恐怖症の症状)
・動悸、息切れ
・めまい、立ちくらみ
・発汗
・吐き気
・四肢の震え
・喉が渇く
・尿意がする
など