リハビリテーション

2016/02/04

リハビリテーションとは、再び適した状態に回復することを目的とした治療行為です。
 


リハビリテーションを主に行う理学療法士は、部位・疾患別にそれぞれの専門を持ち、経験を深めています。
患者さん11人に担当が付き、治療中の部分に対して、またそれを引き起こす全身的な問題に対して、個別プログラムを作り完治を目指していきます。

AR-Exに来院される90%以上の方には、手術を必要としない保存治療を行います。
リハビリテーションが治療の中心であり、知識と経験に加え、関節の動く範囲なども測定し数値的にも回復状態を把握しながら進めています。



—知識と計測、治療の中心—

■1人1人への担当制

  個別のプログラムを作成し、完治を目指します。

■部分と全体の視点

  治療部分と全体的な問題も意識しています。

■意欲の高さの重要性

  意識をもって取り組める環境を整えています。 

 

リハビリテーションとは、「再び適した状態になること」「本来あるべき状態への回復」などの意味を持つ治療行為です。

医師が障害の状況を総合的に診断した上で、治療目標を設定し患者さんに対して目的と方法を提示します。

理学療法士は、知識と経験をベースに、関節の動く範囲などを測定し数値的にも回復状態を把握しながら進めていきます。

ただ安静にしている状態では身体機能が回復しない場合が多く、関節の柔軟性を高めたり、筋力を少しずつ鍛えるなど、身体を動かしながら回復に向かうリハビリテーションを行っていきます。関節の障害を引き起こす運動連鎖の破綻は、その原因が単一ではなく総合していることも多く見受けられます単関節の柔軟性や筋力強化から、関節運動、全身的な複合動作、正しい姿勢まで状況をみながら進めています。

リハビリテーションを行う意欲が高い人の身体機能回復では、その意欲によって、より高い効果を得られることが、科学的にも知られています。

患者さんと医療スタッフの「治したい」と思う前向きな気持ちや考え方も治療の重要な要素の一つであると考えています。

十分な知識と経験を積んだスタッフが、患者さんと一緒に設定した治療目標に向かっていける関係・環境作りにもカを注いでいます。

目標に向かう環境作りでは、精度の高い手術を行うことで、痛みが少なく、手術日からリハビリテーションを行う「0日リハビリテーション」を可能にし、早期完治を目指しています。