【ブレーンクリエイティブライブラリー】参加報告

宣伝会議主催のブレーンクリエイティブライブラリーに都立大整形外科クリニックのの岡部宏行が参加しましたので報告します。

ブレーンクリエイティブライブラリーとは?

宣伝会議のHPからこの講座の開講の背景を引用します。

開講の背景

クリエイティビティを次世代に継承する
いつの時代においても、優れたクリエイティブは人々の心を捉え、動かしてきた歴史があります。この歴史と一流クリエイターの考えは、これからの未来に継承していくべきものです。
今までは、一部、書籍や専門誌の形で発行し、流通され、また図書館に収集、保管されることで、後進の者が目にし、読むという行為がほとんどでした。それも、お名前や作品に触れる機会があっても、作品以外の知見やお考えに触れる機会がほとんど無く、それが失われることは、未来のクリエイティブのために、大きな損失ではないか、と考えました。
後世にその知見や技術を継承していくために、今回、「ブレーンクリエイティブライブラリー」という名称で、活字や図版だけでは伝えきれないものを映像で残し、クリエイターの肉声に基づき、現在のメディア環境にあった映像コンテンツとして作成し、いつでも、どこでも受講できる講座として未来に向けて配信いたします。

受講を通じて

実際に受講して多くのクリエイター・アートディレクターの方の考え方を知ることができました。医療機関として社会や患者さんとどのようなコミュニケーションをとっていくべきか考えるきっかけとなりました。今回学んだことを医療分野でも活かしていけるようにしたいと思います。