体外衝撃波治療

体外衝撃波とは

ヨーロッパで1980年代に腎臓結石や尿管結石の治療に用いられ人体において初めて治療されました。
1990年代初期に石灰沈着性腱炎や外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)、足底腱膜炎の治療に成功しました。
近年、日本においても厚生労働省の認可がおり臨床で用いることが可能となりました。

体外衝撃波の効果

体外衝撃波治療は・・・

自由神経終末の変性

慢性的な疼痛は、痛みを感じる自由神経終末という神経の増加によって痛みに対して敏感になってます。   
その神経を体外衝撃波によって変性させ即時的に痛みを軽減させます。

組織再生因子の増加

体外衝撃波による刺激は、血管再生を促進させたり、組織再生因子を増加し、損傷した組織の修復を促します。

腱に対する効果

腱に対する除痛や組織修復に効果があります。

骨に対する効果

組織修復に効果があるため骨折の遷延治癒例や偽関節例に効果があります。

体外衝撃波治療の種類

当法人では「収束型」と「拡散型」の体外衝撃波治療器を導入しています。


収束型の体外衝撃波治療器

拡散型の体外衝撃波治療器
当法人で収束型の体外衝撃波治療器を導入しているのは、
東京施設では、『都立大整形外科クリニック』『明大前整形外科クリニック
長野施設では、『長野整形外科クリニック』です。

拡散型の体外衝撃波治療器を導入しているのは、
東京・さいたま施設では、『都立大整形外科クリニック』『明大前整形外科クリニック』『さいたま整形外科クリニック
長野施設では、『長野整形外科クリニック』『上田整形外科クリニック』『佐久平整形外科クリニック』です。
 

体外衝撃波の適応疾患

国際衝撃波治療学会で承認された適応症

慢性腱障害

・足底腱膜炎(保険認可)
・上腕骨外側上顆炎(テニス肘・ゴルフ肘)
・膝蓋腱障害
・アキレス腱障害 
・肩石灰性腱炎
・大転子痛症候群
・肩腱板断裂
・肘内側上顆炎
・腓骨筋腱損傷

骨疾患

・骨治癒の遅延
・偽関節
・疲労骨折
・関節の異常を伴わない離断性骨軟骨炎
・シンスプリント
・オスグット・シュラッター病

禁忌

低エネルギー拡散型・収束型衝撃波

・悪性腫瘍
・妊婦

高エネルギー収束型衝撃波

・治療部位の肺組織
・悪性腫瘍
・治療領域の骨端プレート
・治療部位の脳または脊椎
・ 重度の凝固障害
・妊婦