スポーツ・難治性疼痛外来

スポーツ・難治性疼痛外来の施設・日時のご案内 
東京都目黒区平町1-26-3 スミール都立大2F
東急東横線「都立大学駅」より徒歩2分
長野県長野市吉田5-26-23
「北長野駅」より徒歩13分
先端医療の提供

動器に痛みを抱えた方が、当グループには平均して一日あたり1500人来院されます。しかし、従来の一般的な治療を受けても症状が改善しない患者さんも、ごく一部ですが存在します。そのような方々には「先端医療」の存在を知って頂きたいのです。例えば「再生医療」や「体外衝撃波治療」などは、メジャーリーグや日本トップレベルのスポーツ界においては今や通常の選択肢の一つとなっています。これまでは一部の人々のためのものであった最新の先端医療を、私たちは一般の患者さんたちにも広く提供していきたいと考えています。

診断

高い技術で撮影するMRI・CT・超音波検査で、どこが痛みの原因なのかを詳細に診断をします。

治療

体外衝撃波治療 、PRP治療、超音波ガイド下筋膜リリースなど症状に応じた治療を行います。 

リハビリ

各種治療に特化したプログラムでリハビリを行います。

スポーツ・難治性外来の担当医師
リハビリテーション

スポーツ難治性疼痛外来で行っている特殊な治療は、患部の状態を改善するにすぎません。症状を取り除き、再発を防ぐためには原因への対処が必要です。そのためには患部周囲のコンディショニングや患部の組織の状態を改善するリハビリテーションが有効です。

理学療法士
小林 久文
   
理学療法士
松岡 まつおか 佑紀 ゆうき
   
理学療法士
戸田 優希
関節: 膝関節   スポーツ: 野球, アルペンスキー  
理学療法士
小尾 おび 尚貴 なおき
関節: 肩関節   スポーツ: 野球  
医療の融合
お問い合わせ/インフォメーションセンター