踵骨骨端症(セバー病)

踵骨骨端症(セバー病)

しょうこつこったんしょう(せばーびょう) 印刷用ページ
踵骨骨端症とはジャンプやダッシュ、ストップなどの運動を沢山行なうことで踵の部分で炎症を起こしてしまったことにより痛みを生じる疾患です。小・中学生の男の子に多いとされています。

主要な症状

・踵の部分を圧迫すると痛みがある
・8~12歳の主に男子が、運動時・運動後に踵の痛みを訴える
・安静にて症状軽快がする
成長期の踵(かかと)には成人とは異なり骨端核という柔らかい骨があります。
そこにはふくらはぎの筋肉や足の裏の筋肉が付いており、ジャンプやダッシュ、ストップなどの強い力が加わる運動を繰り返したりすることにより刺激が加わり、炎症を起こします。炎症が起こると痛みとともに踵骨の骨化障害が生じます。
症状が軽ければ日常生活での制限はありません。運動は痛みのない範囲で行なうようにします。また痛みの強い時期は、運動は原則的に禁止です。
リハビリテーションではストレッチなどの運動療法や踵へのストレスを減らす為の装具を作成したりします。
投薬・物理療法 患部の炎症を抑える
装具療法・テーピング 症状を誘発する動きを制限する
運動療法 足部全体の筋機能を向上させる